DARK BOX

ヲタ中心ブログです。ゲーム・アニメ・漫画記事はネタバレにご注意下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

Youtubeの著作権団体について今回新たにわかったこと。

前回の続き


最後の異議申し立てを2度にわたり蹴られた「宇宙戦艦ヤマト」ですが、この度やっと受理されました。
2回蹴られた理由はリンクミスにあったようです。
Youtubeの異議申し立てを書くところ改行が出来ないんですよね。
なのでリンクを書いて改行しても文章がつながってしまってる可能性があります。
リンクミスを起こすとYoutubeに無効とみなされるようです。
まずJASRACの検索結果のページは時間経過でリンク切れを起こしますので要注意です。

(リンクミス例)

申し立て却下



さて、今回いろいろと調べていて、わかったことがあります。


著作権侵害の通告が来たので「JASRACの管理曲だから違法ではない」と異議申し立てをしたのに却下された方、結構多いのではないでしょうか。


●JASRACの管理曲なのに著作権侵害の申し立てが来る件についてJASRACに質問を送ってみました。

「当協会は著作者、音楽出版者等から信託された楽曲の著作権を
日本国内において管理する団体です。
一方で、海外地域においては、日本国内の楽曲であっても、
現地の音楽出版者や著作権管理団体が管理することが一般的です。
そのため、YouTubeに投稿された動画に
海外地域からアクセスがあった場合には、
現地の権利者が権利主張されることがございます。」

その後も割愛しますが、追加でいろいろと質問をしたのですが、大変ご丁寧なご回答をいただきました。
その節はありがとうございましたm(_ _)m


詐欺団体が権利主張する日本の曲はだいたい英語表記です。
Youtubeでその主張するタイトルを調べたところ
『カバー演奏曲』が登録されていました。(←ここ重要)
カバー曲を登録する詐欺団体
詐欺団体なので原曲は登録できないのでしょうね。


つまりです。

詐欺団体が『原曲ではなくカバー曲』を自分の著作物と偽って登録している限りは

どれだけユーザーがJASRACの管理曲だと主張したとしても

ユーザーが相手側の主張する曲を演奏をしてると認めてしまう形を取っている限りは
Youtubeは詐欺団体を正当な権利者であると見なすわけです。

YoutubeにとってJASRACの管理曲であるかとかカバー曲であるかどうかなど関係ないのです。
ポリシーに登録されていることが全てで正義なんですね。


ならどうすればよいか?


詐欺団体がカバー曲を英語表記で登録している点を逆手に取ります。


この曲は「(英語タイトル)」ではなく「(日本語タイトル)」です。
日本語タイトルの正当な権利者は「ダレソレ」と「ナニナニ」です。
〇〇(←詐欺団体)は正当な権利者ではありません。

この主張が最重要なのです。
ついでにこの情報はJASRACに乗ってるから勝手に確認しといてねって付け加えてもいいかもしません。(多分いらない)


最初からこの主張をしていたとしても、相手は一旦は却下してくると思いますが、動画を消すぞとかアカウントにペナルティを課すぞという脅しに屈しないで最後まで戦ってほしいです。

動画が削除されてからの異議申し立てが、どれだけ的確に書けるかが勝負なのです。

最終の異議申し立てはYoutubeのチェックが入ります。
そこで相手側が正当な権利者でない旨をしっかりと書けば受理されるはずです。
受理されてしまえば、勝ったも同然です。
だって詐欺団体だもの。


相手もいずれは日本語で登録するなど、頭を使ってくるかもしれませんが、その時はまた考えるとしましょう。。


ただし本物の正当な権利者から来た場合は戦わないでください。
本物の正当な権利者は、詳細を見れば本物であることがわかると思います。
(詳細ページの画面は保存し忘れましたが、権利者の表記が詐欺団体と明らかに違っていました)
本物の権利者
これはうさぎの動画にPCで流してた曲を拾われたときに来たものです。
このときは、音を消すことで対処しました。




スポンサーサイト

別窓 | 日常生活での何気ない事。 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| DARK BOX |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。